Yahoo!ブックマークに登録

女性不感症入門

ホーム媚薬>女性不感症
女性用媚薬 スペインガール 催淫剤 antking
催淫セット 媚薬 紅蜘蛛

女性の不感症、濡れない原因は主に3つ。
1)緊張している
2)感じていない(パートナーの愛撫が下手なのも含みます)
3)体質的なもの
■緊張して不感症になって濡れない?
1)の「緊張している」は、まだセックス経験が浅い人、セックスに対して恐怖感のある人、罪悪感のようなものがある人、セックスで自分を出せない人などが当てはまると思います。セックスは気持ちのいいもの。コミュニケーションツールのひとつ。楽しんでいいもの…と自分の意識を少しずつ変えていきましょう。きっとね、だんだんリラックスしてセックスに臨むことができるようになるはず。そうすると、自然と愛液も出てくるようになると思います。
■感じなくて・・・濡れない。
「感じていない人」。セックス経験が浅く性感帯が発達していない、触られてもくすぐったいとか感じちゃう人は、オナニーで性感帯を鍛えてあげましょう。パートナーの愛撫が上手じゃない人は、それとなく希望を伝えてみて!「もう少し優しく触ってくれたほうが気持ちいいの」「指じゃなくて舌でして欲しいな」とパートナーを否定しない言葉で「こうしてくれたほうが私は気持ちいいの」と伝えてみましょう。
我慢するよりも、お互い気持ち良くなったほうがよりよい関係ができると加奈は思っています。
性欲を認めないパートナーなんてつまらない!そんな人は願い下げという強気な気持ちでレッツゴー! です。
それからね、心がセックスに対して「OK」サインを出していないと感じられないものです。
■体質的に濡れない・・・
「体質的なもの」は、閉経した人、女性ホルモンのバランスが悪い人などがあげられます。 女性ホルモンのバランスが悪い人はもしかしたら月経があっても「無排卵月経」になっている可能性もあります。ちょっと注意してみてね。
女性の体は良く出来たもので、妊娠の必要がなくなると濡れ具合も悪くなります。男性が歳と共に勃起力が落ちるのと一緒です。
この場合、ラブローションやラブコスメに頼るのがてっとり早いでしょう。使うことは恥ずかしいことじゃない。セックスをよりよくするための、いわば「お助けグッズ」なんです。
生理のとき、布や脱脂綿の代わりにナプキンやタンポンを使うのと同じ。ニンジンやじゃがいもの皮をむくとき、ピーラーを使うのと同じ。
生活だけでなく、性生活も「お助けグッズ」を使って快適に過ごすという気軽な気持ちで使って欲しいな♪