Yahoo!ブックマークに登録

オーガズム厳選講座情報サイト

ホーム媚薬>オーガズム
催淫セット 媚薬 紅蜘蛛
威龍 催淫剤 antking

女性のオーガズムのご紹介について

オーガズム(英:Orgasm)とは、性的絶頂のこと。 生理的にはくしゃみに似ているとも言われる。オーガズムに伴い陶酔的な幸福感が感じられる。またオーガズムの直前に寂寞感(男性)や恐怖感(女性)を覚える場合もあるとされる。

風俗で働く女性の中にも、オルガニズムを体験したことがないという方は多いでしょう。 何も不思議なことではありません。女性の中には、オルガニズムを感じることのできる方とできない方がいるのですから。 男性の場合は、射精という行為がありますが、女性の場合にはそれがありません。それに、クリトリスオルガニズムに達する方もいれば、膣の入口で達する方も、また子宮のあたりで達する方もいます。つまり、女性のオルガニズムは各々バラバラなのです。

実際にオルガニズムに達するにはどうすれば良いのか。 女性のオルガニズムが解明されていない以上、科学的な説明のしようがありません。ただし、雰囲気やシチュエーションによって、オルガニズムに達する、達しないというのがあるようです。
たとえば、オルガニズムを体験したことがないという女性がいました。仮に、Aさんとしましょう。
Aさんはどちらかというと内気で、セックスのことも恋人に話すことができない性格でした。
しかし、彼女も人間の子ですから、一度でもいいからオルガニズムを感じてみたいとの思いがありました。

まずAさんに大胆な格好をさせました。そして、窓をあけ、ホテルのバルコニーで露出プレイに近いようなことをしました。 もちろん、Aさんはとても嫌がってましたが、その後バルコニーからベッドに移動してセックスをしたらオルガニズムに達したのです。

男性でも女性でも、オーガズムの際はさまざまな無意識的な身体反応[1]が起こる。性器の充血、発汗(ただし発汗はオーガズム時よりも少し後れるという観察もある)、発声、下肢の筋肉の硬直、性器周辺の筋肉の痙攣などが一般的には観察される。女性の場合、バルーン現象[2]や膣奥の規則的な収縮[3]が確認できることが多い。また、オーガズム前後では性器以外の皮膚感覚や視覚・聴覚が鈍くなる。さらに、オーガズム中の脳はθ波と呼ばれる睡眠初期のときに出る脳波で充満した状態となり、ドパミンやセロトニンといった脳内の快楽系神経伝達物質も活性化し、A10神経も反応を強くする。また近年の近赤外光吸収を使った研究では、前頭葉の血流の著しい減少が見られるが、脳細胞はヒトの細胞の中でも、最も酸欠に弱い細胞であるので注意が必要である。