Yahoo!ブックマークに登録

EDについて

ホーム精力剤>中折れ
徳国黒金 蔵秘雄精
威龍 威哥王

中折れ、早漏など厳選情報サイト

中折れ対策
亜鉛、紅蔘、またオイスターで基本治療

【自律神経のバランス・血液の流れ・たまったストレスを改善する】
現代人の性の悩みは、食生活とストレスや仕事による頭脳の使い過ぎが原因の方がほとんどです。特にストレスにより、勃起に重要な自律神経のバランス、血液の流れが非常に悪くなっています。
亜鉛をベースに紅蔘またはプラセンタで基本治療を行います。期間は平均で3ヶ月です。
勃起のメカニズムは、性的刺激を脳で受けて、その刺激を勃起中枢に伝達することから始まります。その伝達をしている神経が自律神経の中の「副交感神経」です。しかし、ストレスなどの原因により、神経の高ぶりが続き、「交感神経」が働きすぎてしまいます。
すると、勃起の命令がうまく伝達できずに、勃起不全に陥ってしまいます。
「紅蔘」はその有効成分「サポニン」が自律神経のバランスを整え、血液の流れを改善します。その臨床試験および臨床データは、様々な高度な医療機関、権威ある学者の間ですでに実証されており、現在も研究が続けられています。
「カキ肉エキス」は微量ミネラルが豊富で、昔から精力剤の代表的存在として知られていました。その効果は抜群で、多くの方々に喜んで頂いております。紅蔘との相性もよく、併用することで効果も倍増します。
蟻力神は1粒に「亜鉛30mg」を含有している。精力減退、勃起不全には様々なミネラルが関係していますが、中でも深く関与しているのが亜鉛です。
亜鉛は、男性ホルモンにも精子作りにも深く関与しています。そのため、亜鉛は「男の金属」とも言われ、亜鉛が不足すると、生殖機能の低下を招いてしまいます。