Yahoo!ブックマークに登録

薄毛に関する知識厳選情報講座サイト

薄毛とは

男性ホルモン
男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという変換酵素の働きで、デヒドロテストステロンというホルモンに変換され、このホルモンが毛乳頭細胞にある受容体に結合し、発毛を抑制(毛乳頭細胞に髪を作らない信号を送る)してしまうと言われています。
しかしはっきりとしたメカニズムはまだ解明されていません。
遺伝
男性型脱毛症は遺伝によるものが大きいと言われています。親がハゲていなくても、隔世や隔々世で出ることもあります。食生活や喫煙などの要因。また肉類や油物の摂り過ぎで血中コレステロールが増加すると、血が粘って末端の頭皮まで血が流れにくくなり、抜け毛につながります。無理なダイエットで抜け毛が急速に進むこともあります。また、たばこのニコチンは血管を収縮させるはたらきがあり、脱毛を促進すると考えられています。
不規則な生活
髪の毛は夜間に成長し、昼間は成長しません。
夜遅くまで起きていると血液が別の組織、細胞に回され、毛母細胞までには行き渡らなくなります。また昼に受けた髪や皮膚のダメージは、寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されるので、睡眠不足は髪にも良くありません。
ストレス
ストレスなどで緊張すると筋肉が収縮して血管が細くなり毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、毛髪が育たなくなると言われています。特に円形脱毛症は、ストレスが第一の原因だと言われています。