Yahoo!ブックマークに登録

クリトリス厳選講座情報サイト

ホーム媚薬>クリトリス
女性用媚薬 媚薬 紅蜘蛛
強力催淫ゴールデンフライ 催淫剤 antking

女性クリトリスのご紹介

女性性器の上部にある器官で、非常に敏感である。クリトリスの大部分は体内にあり、男性のペニス同様、海綿体組織である細長い陰核体および亀頭部分(陰核亀頭)から成る。成人女性では、陰核体の上端から陰核亀頭先端までの長さは通常3 - 5センチほどであるが個人差が大きく、稀な例では幼小児のペニスほどにもなる。また、ペニス同様男性ホルモンの濃度に敏感な組織であり多嚢胞性卵巣や副腎皮質過形成などや薬物投与(筋肉増強剤を使用した女性ボディービルダーなど)で肥大する。元々大きなクリトリスであった性同一性障害者 (Female to Male) がテストステロンの投与を受けた結果、女性器への挿入による性交(ピストン運動)が可能になった例もある。陰核体から左右の陰唇内部に続くやや大きな海綿体組織もクリトリスの一部と見なす考え方もあり、その場合は全体で10センチ前後の比較的大きな生殖器官ということになる。陰核亀頭は小陰唇が合わさる所にあり、性感を感じる陰部神経終末が高密度に分布しているため性感帯であることが多い。陰核亀頭の色はピンクから暗褐色までさまざまであり、性的興奮により変化する。陰核亀頭のサイズは個人差があるが、5 - 7ミリくらい。陰核亀頭と包皮の間には恥垢がたまりやすく、不潔にしておくと炎症を起すことがある。男性のペニス(陰茎)が泌尿器および生殖器としての役割もあるのとは異なり、人体の中で唯一、性的興奮のために特化した器官とも言われる。また、男性のペニス同様に朝立ちと呼ばれる現象も起こる。