Yahoo!ブックマークに登録

経口避妊薬授厳選講座情報サイト

ホーム避妊ピル>経口避妊薬
アリンコパワー 福源春
勃動力 三体牛鞭 催淫剤 antking

避妊薬のいろいろ

卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つが含まれ、これにより排卵を抑制する。避妊の機序 排卵の抑制 子宮頚管粘液の性状の変化(精子の子宮内侵入を抑制) 子宮内膜の変化(受精卵の着床抑制)である。正しく服用した場合、妊娠の確率は避妊手術や子宮内避妊用具 (IUD) 装着と同じレベルの避妊効果が期待できる。パール指数(避妊確率)は経口避妊薬で0.3%、避妊手術で0.1%-0.5%、薬剤添加IUDで0.1%-0.6%である。避妊以外にも、生理周期の変更や月経困難症(生理に伴う重い症状や大量の月経血)の緩和、子宮内膜症の治療などに使われる。かつては中用量ピルが用いられていたが、副作用のリスクの低減を目的として低用量ピル、超低用量ピルなどが開発され、海外では主流となっている。日本では治療目的の中用量ピルが認可されており、1998年に避妊目的の低用量ピルが認可されたが、超低用量ピルは未認可のため、避妊用としては低用量ピルが主流になっている。

ピルはコンドームなどと違って、避妊効果が得られていることを実感できません。ビルがほんとうに効いているのか確かめることができないので、不安に思われることもあるでしょう。しかし、ピルを飲んでいれば、排卵が起きませんからほぼ完璧に避妊できています。 ピルによる避妊も確かに完璧ではありません。しかし、ピルのことをよく知れば、より完璧な避妊に近づけることができます。また、飲み忘れがないように正しく服用すれば、避妊失敗率は非常に小さくなります。