Yahoo!ブックマークに登録

ED治療について

ホーム精力剤>edの治療
徳国黒金 蔵秘雄精
タダラフィル 威哥王

edの治療講座

edの治療は、男性の性機能障害(インポテンツ)を改善する治療こと。近年は30代を中心にEDに悩む男性が増え、その原因はストレスや食生活の乱れが深くかかわっているとされてます。
日本のed患者は全国で1000万人以上。さらに罹患率は年々増加する傾向が見られ、もはやEDは他人事ではなく誰もがかかる身近な問題として認識されています。

EDとは男性の性機能障害(勃起傷害・勃起不全)のことで、日本においても全国で1000万人以上の患者がいると推定される、ごく一般的な病気です。しかし、性機能に関する病気なだけに恥ずかしくて病院に治療に行くことが出来ずに一人で悩んでしまうことが多く、その治療率は5%未満だと言われています。
EDは決して不治の病ではありません。この病気を正しく理解し、バイアグラRやレビトラR等の治療薬の処方をはじめとする適切な治療を受ければ治る可能性が十二分にあるのです。EDは命に関わる病気ではありませんが、充実した人生を送るためにも、決して放っておかずに、まずは正しい知識を身につけることから始めてください。「もう、一人で悩む必要はありません。」

1998年に男性を対象として行われた調査によると、成人男性の4人に1人が“勃起が十分でなく、時々性交ができない”中等度ED、もしくは、“勃起しないため常に性交ができない”完全EDです。“たまにできない”軽度EDを含めると、EDと診断される人はさらに増え、その割合は、外来患者さんでの調査ですが、成人男性のなんと81%にものぼるという報告もあります。
EDの診察・治療方法は、医療機関によって異なりますが、一般的には簡単な問診表の記入してもらい、心臓などに異常がないと判断されれば、内服のED治療薬によるED治療が開始されます。内服のED治療薬は、現在、2種類発売されており、患者さんの選択肢が広がったことから、より自分に合ったED治療を受けることが可能となりました。
もし、ED治療薬が服用できないと判断されたり、有効性が認められなければ、陰茎への注射や補助器具による治療も可能です。

ed治療薬を服用するにあたっては、必ず服用できるかどうかを医師に確認してもらうようにしましょう。心臓の病気などで硝酸剤(ニトログリセリン)を使用していたり、排尿障害や血圧のお薬など*を服用している場合はED治療薬を服用することができません。
医師に相談するのが恥ずかしいからといって、自分の判断で服用することは危険です。EDの診察には配慮している医療機関も増えてきていますので、服用を希望する場合には必ず医師に相談してください。