Yahoo!ブックマークに登録

EDについて

ED基礎知識

ED(勃起不全)と聞くと「格好悪い」「男として情けない」「相手にはとても言えない」などマイナスのことばかり考えてしまう人が多いのではないでしょうか?確かにそれはひとつの現状なのかもしれません。しかしそれではいつまで経ってもED(勃起不全)を克服することができません。 またパートナーでもある女性も、男性を責めてばかりではいけません。お互いが満足な性交渉を得るため、ED(勃起不全)を克服する為には夫婦や恋人同士の力が不可欠と当サイトでは考えております。 「ED(勃起不全)であること自体は恥ずかしいことではない。」「ED(勃起不全)は現代社会における1つの一般的な病である。」という認識を一人でも多くの方に持っていただき、もしED(勃起不全)になった場合でも前向きに立ち向かい、一度、先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。まず、あなたが以前にかかったことのある病気や、現在かかっている病気、飲んでいる薬、健康状態について医師に話してみましょう。

ed対策方法とed予防にもさまざまある

性的な興奮は神経を介してペニスに伝わります。すると、ペニスにある陰茎海綿体の動脈は大きく拡がり、陰茎海綿体に十分に血液を送ることができます。これがいわゆる「勃起」といわれる状態です。もし、神経と血管のどちらかが、または両方が正常に働かなくなると、結果として陰茎海綿体に十分な血液が流れ込まず、「十分な勃起が得られない=ED」が起こりやすくなります。
食事の乱れはED以外にも様々な体の変調をきたします。
特にEDには、糖尿、コレステロール、動脈硬化などが大敵といわれています。
一目で肥満とわかる方はもちろん、隠れ肥満の方や、ジャンクフード、外食大好きという方は要注意です。
加工食品はやめて、野菜、海草、魚、豆、といった食材をふんだんに使い、日本の味である、和食で健康になりましょう。軽い運動はEDを予防する方法として大変重要です。
体の血流をよくする、リラックスする、脂肪を燃焼する・・・などなど様々な効果があります。
血流がよくなれば勃起を起こしやすくなる、リラックスすると勃起を起こしやすくなる、脂肪を燃焼すると肥満予防になり、血流が改善されて勃起を起こしやすくなるというわけです。
よ〜し、それでは早速といきなりダッシュや激しい運動は避けてくださいね。
あくまで、マイペースで心地よい疲れが残る程度が理想です。
ウォーキング、軽めのジョギング、水泳などは有酸素運動ですのでお勧めです。