Yahoo!ブックマークに登録

勃起障害について

ホーム精力剤>勃起障害
徳国黒金 蔵秘雄精
威龍 威哥王

勃起障害厳選情報サイト

性機能障害と勃起障害
勃起障害とは日本性機能学会の定義によると、性欲、勃起、性交、射精、オーガズムのいずれかひとつでも欠けるか不十分なものを性機能障害といいます。このうち勃起が不十分または不可能なものを勃起障害または勃起不全といい。専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。ストレスなどの心因性によるEDや、事故によるけがや手術の後遺症としてEDになる場合、生活習慣病によって起こるEDなど様々な原因があります。

勃起障害の分類とその原因
勃起のメカニズム
性的に興奮すると、副交感神経を通じて血流が調節され、静脈洞に血液が貯留され、静脈閉鎖機構というものの働きによって流れ出しにくくなります。これにより、海綿体は血液が満ちて大きく膨張して硬くなります。したがって、陰茎全体も硬く大きくなり、これを陰茎の勃起と呼びます。
性的刺激をうけると大脳皮質が興奮状態になります。その信号は、脊髄→骨盤神経→骨盤神経叢(そう)→陰茎海綿体神経という順に伝えられます。
勃起は神経系と血管系が正常に働くことにより起こりますが、そのどちらか、または両方に障害が起きることがEDの主な原因と言われています。

日本の勃起障害患者の数はどの位なのでしょう。
高血圧や糖尿病、前立腺疾患、肝機能障害などの成人病や生活習慣病にかかっている人の約80%がEDであるとされ、それにストレスなどによる心因性のEDを含めると1130万人を超えるとも言われています。年齢別にみると、40歳代で20%、50歳代で40%、60歳代で60%の人がEDというデータもあるようです。
しかし実際に病院を訪れて診察を受ける人の数はほんの数%であろうと推測されており、ほとんどの方が一人、または夫婦間の悩みとして苦悩されているのが現状のようです。
また現代のストレス社会においては、全ての成人男性がEDになりうる予備軍であるということも考えておかなければなりません。