Yahoo!ブックマークに登録

勃起不全治療薬について

ホーム精力剤>勃起不全対策
徳国黒金 勃起薬蔵秘雄精
勃起薬TADACIP 威哥王

勃起不全治療、厳選情報サイト

勃起不全(ぼっきふぜん、英:Erectile Dysfunction; ED)は、「勃起機能障害」、「勃起障害」ともよばれる、男性の性機能障害(Sexual Dysfunction:SD)の一種であり、陰茎の勃起の発現あるいは維持のできないために満足に性交の行えない状態をいう[1]。
インポテンツ」(独:Impotenz、略称:「インポ」)とも呼ばれるが、直訳すると「性的不能」となり、人格否定の響きがあり、「ED」と呼ばれるようになってきている。東洋医学では陽萎(ようい)と呼ばれる。しばしばEDはSDと同一視されるが、SDは「性欲、勃起、性交、射精、オーガズムの一つでも欠けるか不十分なもの」[2]と定義されており、EDはSDの一つに過ぎない。
EDに悩む人は先進国において男性人口の1割を占めるといわれ、加齢に伴い増加傾向にあり、日本では40〜50代男性の半数がEDに悩んでいるという報告もある。一つには糖尿病、うつ病、高血圧の治療薬が原因になることもある。
先進国に多いことからも判るように、機能性EDの多くは、精神病やストレスなどの心因性で、交感神経の緊張により血管が収縮し、海綿体への血液流入が遮断されることによると考えられる。
EDの程度は軽症(たまに勃起できない)、中等度(勃起が充分でなく、時々性交ができない)、完全型(勃起しないため常に性交できない)に分かれる。

女性の勃起
女性の陰核にも男性同様に勃起が起こる。女性が性的興奮をした時に、陰核亀頭が膨張し陰核包皮から僅かに出てくる。(勃起せず引っ込んだままの女性もおり個人差あり)勃起をしても陰核包皮に覆われたままの場合もある。
男性の勃起
陰茎の勃起は性行為の時に女性器に挿入するための大変重要なぴんぴんになる現象で、不能もしくは不十分を勃起不全(旧称インポテンツ)と言い、治療が必要である。勃起時の長さには、個人差があるがドイツ人研究者の統計によると平均で13。6pである。ただ、平均より小さくとも女性の膣の長さは7〜10pほどなので、これくらいあれば性行為に支障はない。
その他の勃起
男女ともに性的興奮により乳首に勃起が起こる。いずれも勃起前よりも敏感に性的快感を与えるようになる。(こそばゆいと感じるだけのものもおり個人差あり)