Yahoo!ブックマークに登録

勃起について

ホーム精力剤>勃起
徳国黒金 蔵秘雄精
威龍 威哥王

勃起の厳選情報サイト

勃起の豆知識

勃起(ぼっき)とは、にわかに勢いよく起き上がることをいい、ほとんどの場合、哺乳類のオスが性的興奮した際に陰茎が太く長く硬くなり上を向く現象を指す。英語では、この状態の陰茎をファルスと呼び、ペニスと区別する。日本語の俗語のでは「立つ」「ぴんぴんになる」その他と表現されることもある。以下、ヒトの陰茎の勃起を中心に述べる。
陰茎は通常状態では柔軟で、男性の股間に懸下しているが、勃起状態で太く長く硬くなることで、性行為の時に女性器に挿入することが可能となる。常に不十分な勃起状態にしかならないのを勃起不全(旧称インポテンツ)と言い、性行為が不能となるため治療が必要である。
ヒトの勃起は、陰茎内部の海綿体に血液が溜まり、血液を排出する静脈が調節され、内部の圧力が上昇することによって支えられる。人間の勃起は、陰茎内圧の上昇によって行われるため、当然伸縮性のある陰茎は内圧の高まりに拠って非勃起時よりも太くなる。普段の血圧では内部構造の関係で鬱血しないようになっている。動物によっては陰茎骨という骨があり、この骨が筋肉の働きに拠って陰茎を伸ばすものもある。クジラなどの海洋哺乳類では、普段陰茎は皮下にS字状にしまいこまれた状態で埋没しており、性交時にはこの陰茎骨が陰茎を突き出させるのである。勃起は血液がたまることで起こることを最初に発見したのは、「モナリザ」で有名なダビンチだということを知っていましたか?しかし、ダビンチの時代の医学では詳しい仕組みまでは分かりませんでした。現代では、勃起は脳と脊髄の完全な支配下に置かれていることが分かっています。勃起の時働くのは副交感神経、勃起を押さえるのは交感神経です。

勃起を持続させる方法「副交感神経」をの働きを高める
1.糖分、油分、アルコール、喫煙を控える。
糖尿病とEDの相関性が高いように、上の4つは副交感神経を優位に働かせる上でもなるべく控えましょう。 EDに悩まされた時には上の4つを控える事は効果があるようです。アルコールと喫煙を抑制しただけでも血圧や血糖値はかなり下がります。また、精神的にもイライラしたりすることも少なくなります。
2.イライラを少なくし、心の平静を保つように心掛ける。
ストレスは自律神経とEDの一番の問題です。 イライラを抑えると言われているカルシウムの吸収やアロマテラピーなども効果的です。 好きな音楽を聞いたりして心のリラックスを計りましょう。
3.ゆっくり大きく深呼吸
副交感神経を優位に働かせるために、一日に何度か大きな深呼吸をするだけでも効果があります。 例えば、重要な会議の後などは、精神的にかなりの緊張があります。そんな時はゆっくり深呼吸を心掛けましょう。
4.ぬるめの入浴・足湯
夜の入浴はリラックスのためにのためにとても価値があります。ぬるめのお湯に浸かることで副交感神経のはたらきが促されます。 眠る1〜2時間前くらいに入浴することをオススメします。 洗面器にお湯を張り足だけつかるいわゆる足湯ですが、こちらもリラックスに効果的です。 好きな音楽を聞きながら30分程度の足湯などはかなりの効果が期待できます。