蟻力神高級漢方精力剤、蟻力神の性能力増強効果はバイアグラより遥かに高い、蟻力神は中華漢方の真髄中高年層の方に大人気!

精力剤の蟻力神
絶倫精力剤蟻力神を皆様の手元に直接お届けしております!

精力剤蟻力神利用案内

  • 精力剤2万円以上購入で送料無料
  • 精力剤蟻力神即日発送
  • 精力剤=蟻力神追跡サービス
  • ポイント還元
  • 精力剤の蟻力神サイト携帯ページ

蟻力神の原料蟻に関する科学研究

蟻に関する研究は長年の間世界各国で行われ、注目を浴びています。中国の蟻に関する基礎的研究は歴史的には新しいものですが、この10数年来、各関連科学研究機関及び医療機関が力を注いで研究してきた結果、かなりの成果と進歩を得ています。1988年12月、中国科学協会は学者及び専門家を招き、擬黒多刺蟻の栄養成分について科学的に測定しました。その結果、擬黒多刺蟻の体内の67%は蛋白質で、この他に28種類のアミノ酸、B1、B2、B12、 E等8種類の人体に必要不可欠なビタミン、そしてカルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、マンガン等20種類ものミネラルを豊富に含むことがわかりました。その中でも亜鉛の含有量は一番高く、1000グラムの擬黒多刺蟻の粉は実に120〜198ミリグラムもの亜鉛を含み、その含有量は大豆の8倍、豚レバーの3倍にもなります。また、各種酵素、化合物を含んでいます。ドイツの学者が蟻に含まれる各種酵素を分析した結果、その最も主要な酵素「草体蟻酵素」(C10H1602)は筋肉をほぐし血液の循環を良くする効用があることが発見されました。その効力は、同量の朝鮮人参を超えるほどのものです。また、蟻がその小さい体で自分の何倍もの重さの物を運ぶ力の源は、その体内に含まれる三燐酸腺配糖体という物質であることが発見されました。中国国内外の研究家達は蟻について更に深い実験と研究を重ねて製品化にした精力剤=蟻力神は虚損性の病気、神経官能症、リュウマチ、神経痛、痛風、皮膚炎、肺結核、 各種肝炎、慢性気管支炎、胃炎、脱毛、若白髪、性的不能、早漏、不妊、生理不順、女性の不感症、産後の乳不足等実に様々な病気・症状に著しい効用がある ことを証明しました。
中国漢方医学では、腎臓が弱いことは人体の衰えの重大な原因であると考えられています。蟻力神は腎臓を補強し、睾丸と卵巣の重量を増加、各生殖器細胞中のDNA及びRNAの含有量を増加させ、細胞の分裂を促進することにより、人体の性機能を増強します。そして更に、免疫細胞中のDNA、RNAの合成を促進し免疫細胞を増加させることも確認され、理想な老化防止薬であると認められました。そして各内臓器官の発育を促し増強する働きもあり、非常に広範囲に作用する一種の免疫増強剤と言えるでしょう。そして一番注目すべき事、それはこの擬黒多刺蟻は細胞免疫に対する双方向性免疫調節の作用があることです。低下した免疫機能を向上させると同時に、免疫機能が高ぶっている場合にはそれを調節し、人体のバランスを維持する効用があります。これらの事により、擬黒多刺蟻は科学者達に「小さな栄養の宝庫」「自然の薬品工場」と呼ばれています。今後も人類の蟻についての研究は継続され、その発展に伴い蟻の栄養的価値、薬用的価値も発展し続けていくことは間違いありません。この蟻事業は必ず人類の健康に大きな貢献をするでしょう。

精力剤=蟻力神蟻力神 
1箱:3.800円
3箱セット 10,800円 (1箱当たり 3600円)
6箱セット:20.400円 (1箱当たり 3400円)

カートに入れる

それ以上の数量をご購入希望のお客様はメールにてご相談ください、さらにお買い得な価格でお求めいただけます。
送料は数量に関わらず、日本全国一律1,000円となります。お買上げ2万円以上は送料無料。
規格
5800mg×10錠入り
適応者
インポテンツ、不感症、早漏、凝り性、腰痛、腎臓機能不全者
使用方法
性行為の15分前に1錠を服用

精力剤=蟻力神の蟻薬効について

蟻力神本社ビル 中国では蟻を薬として利用することは非常に古い昔から始まりました。漢の時代、民間に広く伝わった、骨を強くする “金鋼丸”は蟻を粉にしこれに蜜煉丸を加えて作ったものです。唐の時代、宋の時代の医学文献では、そのどれもがの解説及び治療効果について述べられています。その中でも最も詳しいのは16世紀の李時珍の巨作であり、非常に有名な<本草鋼目>です。その中では、蟻の生態、薬理効能と食用としての価値について詳しく述べられています。この巨作はその後多くの学者の重要な参考文献となっています。清の時代、趙学敏の<本草鋼目拾遺>では、蟻の卵が状元子と呼ばれ、その味は甘く、強壮、美容、母乳分泌促進などの効果があり、病後の虚弱及び出産後の母乳不足などに使用されると記載されています。
  中国のたくさんの地域の人々は蟻の薬としての価値を知っています。例えば、東北では蟻と豆腐を一緒に煮たものが母乳不足の治療に使われます。西北では、酒に蟻を漬けたものがリウマチの治療に用いられます。広西地方では、蟻の粉に肉を混ぜて団子にし、蒸したものが滋養強壮の薬として老人と虚弱体質の人に飲まれます。その他にも、蟻は皮膚病、気管支炎、生理不順、生理痛、神経痛、肺結核、病後脱毛などの治療に用いられます。
  軍隊の衛生員から軍隊の“蟻の王”になったことで知られる呉志成教授は、蟻研究のために実に40年もの間精力を注ぎました。戦争時代から蟻を用いて大勢の負傷者を治療し、またいろいろな難病を治しました。彼は主に蟻でリウマチを治療することを課題として研究を続けています。世界には他にも多くの国で蟻を薬として用いる例があります。南アメリカのネイティブアメリカンの医者は蟻を使って手術の後の縫合を行います。メキシコでは蟻の分泌物を利用し、蛇に噛まれた傷を治療します。ロシアでは、蟻を原料にした軟膏で膿性皮膚病、神経性皮膚炎を治療し、蟻の粉を利用して亜鉛不足による下肢の病気を治療します。アメリカのマイアミ大学は研究を通じてボリビアの蟻がリウマチ治療に効果があることを証明しました。オーストラリアのある生物学者は、蟻が一種の新しい抗生物質を作り出す能力があり、この成分が細菌感染の治療に利用できるのことを発見しました。日本では、凍傷、虫さされ、神経痛などの治療に蟻が用いられている地域があります。南アメリカでは蟻でリウマチとめまいを治療しています。ヨーロッパでは、通風、めまい、リウマチ、麻痺に用いられます。アフリカでもリウマチ治療に蟻が用いられます。ブラジルでは癲癇治療に用いられています。アラブでは蟻でED、早漏治療に用いられ、イギリスには蟻のエキスを利用して無痛分娩を行います。またインドでは抗疲労、マレーシア、タイなどでは性感増強にも用いられることが知られています。
精力剤長年研究専門家の話中国の医学では、蟻は腎臓に活力を補充するという顕著な効用があります。「蟻力神」カプセルはこの蟻を主原料とし、これに蛇や、ニクジュウヨウ、枸杞等を加えることにより、長寿、老化防止に最も素晴らしい効果を発揮します。 実験により、蟻は蛋白質の含有量が最も高いと同時に、27種類のアミノ酸、糖分、脂肪、各種ビタミンを含んでいることが証明されています。また、蟻から抽出した液体を高齢のマウスに与えた結果、血中の白血球とバクテリアが増加し、細菌撃退機能が高められました。そしてこの高齢マウスの非特異免疫作用は促進され、抗体細胞の数と血清の抗体レベルが高められ、免疫力が増強すると同時に、Ea.Et−RFCとANAE陰性細胞等の絶対値が高まりました。以上の実験の結果によって、蟻は人体に不可欠の免疫増加剤だと言われています。 実験によると、1000グラムの蟻は120〜190グラムの亜鉛を含んでいます。亜鉛は昔から医学と栄養の面から特別に重視されていまず。イギリスのある血液専門家は実験によって、シミのない老人の体内亜鉛レベルは高く、逆にシミが出ている老人の亜鉛レベルはとても低いことを発見しました。亜鉛は人の体に必要不可欠のミネラルの1つで、亜鉛やマンガンの数値が高い人は長寿が多く、亜鉛はシワ予防、発育促進、性能力増強効果と同時に免疫力を高めることもできます。「蟻力神」カプセルは、蟻エキスと枸杞とを組み合わせることにより亜鉛量を増強し、効果を高めています。 以上により、「蟻力神」は科学的・医学的に、最も理想的な高級栄養品であり、老化防止、長寿、滋養強壮、性能力増強に優れた効果のある薬であると言えます。 最近、蟻力神カプセルは特に優れた効用あり、広くテストされた結果、顕著な老化防止効果のある製品として認められました。 蟻を食することにより長寿の効果があるのはまぎれもない事実です。明朝時代の永楽年間、山西呂梁地方の老人梁さんは、蟻の卵に山芋、枸杞等を加えて自ら作った丸薬を長年の間服用し続けた結果、107歳まで生きながら、人々は彼の長寿を記念し碑を建設しました。 精力剤研究者達の長年の研究、開発による蟻力神カプセルは、擬黒多刺蟻を主な原料とし、これにニクジュウヨウ、枸杞等様々な原料を加え、先進の加工技術によって、蟻の効用とその他漢方の効用を一体とさせたスーパー精力剤